スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

住宅の賢い売り方(買い方) 8

今日は、いくらか涼しいけどはっきりしないお天気ですね。
体調を整えて元気出していきましょう。

本文行きます。

今までどちらかというと 共同住宅 (マンション) のイメージで
書いてきましたが (もちろん共通するところもあります。)

これからは、土地・建物というイメージで書いてみたいと思います。

土地や戸建てを売ろうとした場合、まず 何をしたら良いのでしょうか。
売却金額が決まったら、何の説明もなく売り出そうとする営業は
ダメです。


商品として確かなもの にしないといけません。 その為には
隣地との境界や越境物等 クリアーしておかなければいけない
問題点を明確にしておくことです。

時間との兼ね合いもありますが、売り出し前にするのか
売却と並行して作業するのか決めておく必要があります。

お隣と良い人間関係ができていればそれほど心配の
必要はありませんが、そうでない場合は結構時間もかかります。

こういう時は、売却より先にある程度目途をつけてから
の方が良いと思います。

隣接地との問題は土地の面積に関係なく避けて通れません。
境界の立ち会いや越境の問題をスムーズにするのは
なんといっても 日頃のご近所付き合い なのです。

立ち会いを依頼されたら快く対応するべきだと思います。
なんといっても、お隣が費用を負担してくれて
作業をしてくれるのですから ・ ・ ・ ・


印鑑を押すくらいのことでしたら気持ちよく対応すると
同じ立場になったときにスムーズにいきます。

                               つづく



スポンサーサイト

テーマ : 住宅・不動産 - ジャンル : ライフ

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。