スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

住宅の賢い売り方 (買い方) 6

皆さん 夏休みいかがでしたか? 私は、家でゴロゴロと ・ ・ ・

つづき、本文行きます。

特にマンションについて言えば、 マンションは空間を買う 訳ですから
 間取りや空間のイメージが大切 で、 綺麗であればなお良しですが、
もし散らかっていたり、汚い感じがしてもそのまま使う人はいませんよね。

私が案内する立場であれば、ここは交渉のしどころです。
リフォーム代ディスカウントしてもらい易いですよね。

それに好きなようにリフォームできますし ・ ・ ・
散らかっていたりしているのを見るとテンションが下がりますが、
物件さえ気に入れば逆にお買い得物件といえるかもしれません。

ですから、売却を受け付けるとき、リフォームしていないと
厳しいですよというのは、 どうなんだろう? 
って思ってしまいます。

売主さんだって手元のお金を出すのは少ないに越したことは
ありませんから ・ ・ ・ 

よく、一般の購入希望者が相談する際に、 「掘り出し物」 
紹介してください。 もしくは、 ありませんか?
ついこのように聞いてしまいますよね。

これ、 担当者からすると 逆効果 です。
気持ちは充分理解できますが ・ ・ ・ なぜか? ・ ・ ・

できる担当者からすると、このようなお客さんが一番
決めにくいからです。大体こういう人はどこの業者へ行っても
同じことを言います。

吟味して紹介している立場からすると、そのお客さんは
もっと良い物件があるんじゃないかとエスカレートします。

やる気のある営業マンからすると一気にやる気を無くします。
「禁句」 と言ってもいいかもしれません。

不動産に 「掘り出し物」 はありません。 

                                     つづく

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。