スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

相続について 17

相続の一覧表が出来たところで、自宅に税理士とお伺いすることになりました。
内容の確認や漏れがないか等、また、絵画や高額なものがないか
なんていうのも確認します。


現金、預金、不動産以外のものってうっかりしがちなのです。
漏れると大変です。

今回のケースだと申告は必要となりました。
税額はゼロにはなるのですが、配偶者の税額軽減を使って
ゼロになるので申告はしなければなりません。

申告をして初めてゼロになります。
特例の適用がなく、基礎控除額を超えなければ
申告の必要はありません。当然、納税もありません。

ただし、小規模宅地の評価減の特例等により
ゼロになる場合は、申告しなければ課税されます。

間違いの無いように ・ ・ ・ ・

財産の内容が税理士によって全て確認され、
いよいよこれから兄弟姉妹とのやり取りが始まります。

本来であれば、全員が集まって話し合いが出来れば
良いのですが、地方の方や高齢の方が多い為
取りあえず、電話でお話をすることになりました。

一抹の不安を感じながら ・ ・ ・ ・


                                         つづく


スポンサーサイト

テーマ : 不動産日記 - ジャンル : ブログ

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。