スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

相続について 14

被相続人が亡くなられた日現在の残高証明や、
医療保険の入院給付金、死亡保険金の支払い明細等
次々と送られてきます。

その書類を紛失してもいけないので、届く度に
連絡をもらうことにしてあります。
ですから、訪問する回数が自然と多くなります。

私としては、顧客との親密度が増しますから良いのですが
夫人は、少なからずストレスもあるでしょうし、疲れたのでは
ないかと思います。いくらかでも、穏やかな気持ちでいられる様
気を付けていたつもりですが ・ ・ ・ ・

申告に当たっては、以上の様にあちこちにお金のある方は
書類集めが大変です。  遺言書がある場合には、漏れがないかもしれませんが
無い場合には、漏れてしまう可能性が高くなるかもしれません。

ご夫婦が元気なうちに、どこに預けてあるかということくらいは
お互いに分かっていた方が良いと思います。 

どちらかに管理を任せきりだと、いざという時に慌ててしまいます。

不動産等は分かり易いと思うのですが、お金関係 (保険も含む) は
分かるようにしておいた方がベターだと思います。

特に地方に家を持っていてその近くの金融機関に口座を持っている場合など 
ついウッカリしがちだと思います。 気を付けましょう。 


                                             つづく




スポンサーサイト

テーマ : 不動産日記 - ジャンル : ブログ

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。