スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

相続について 9

数日後、未亡人から連絡があり、明日にでも
郵便局とA銀行に行きたいとのことでした。
未亡人は足腰が弱くなっているので、私の車でご一緒しました。

残高証明の取り扱いについては、金融機関によって異なります。 
A銀行は、一通りのことを話すと、相続手続きに関する案内書
提示しながら説明してくれます。

名義を変更するところまで丁寧に教えてくれます。
ですが、今日は残高証明の発行依頼までしかできません。
依頼書に押捺し提出します。

当日は発行されず、本人宛(未亡人)書留にて一週間程度
届くとのことでした。 銀行に行ってから待ち時間も含めて
一時間程掛かりました。仕方ないですね。

次は、郵便局です。手続きの流れは一緒なのですが、
戸籍関係を提示し未亡人の本人確認をし、通帳・印鑑を
提示したところ、即日発行してくれました。


近くの金融機関は出向いたのですが、離れたところにある銀行等は
電話で問い合わせ残高証明の依頼書を送付してもらうことにしました。
証明書だけであれば、郵便で事足ります。

未亡人の体の事を考えるとこれで正解ですよね。


                                        つづく




スポンサーサイト

テーマ : 不動産日記 - ジャンル : ブログ

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。