スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

相続について 8

準確定申告に必要な書類は全て揃い、税理士に依頼しました。
計算上、還付金がある場合は、相続人全員の認印が必要です。
還付金が少額でも必要です。 結構面倒ですよね。
一定の金額以下なら必要なしということはありません。

並行して、外貨による変額個人年金保険や
生保の死亡給付金の請求を行います。

一件だけ相続人全員の印鑑証明と署名と実印を押捺した
書類が必要な生保会社の分は後にしました。
申告の準備ができる少し前ぐらいに処理することにしました。

なるたけ大変な作業は集中した方が効率的ですから。
ここまでで最初にお話を聞いてから10日位経っています。
まずまずのペースですね。

しかし、ここからが時間が掛かります。
金融機関の残高証明です。
亡くなった人が亡くなった日現在の残高証明です。 

取引のある金融機関を未亡人の言うとおりに
各金融機関に当たります。
これが結構手間が掛かります。

未亡人の体調と相談しながら、順番にご一緒することにしました。


                                     つづく







スポンサーサイト

テーマ : 不動産日記 - ジャンル : ブログ

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。