スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

相続について 5

その日は、あれこれ色々な話をしました。
職業や趣味や友人関係等さりげなく聞いていきます。
これって、結構大事なことなんです。

申告の時に、 「被相続人の概要」  を添付する書類があるんです。
ですから、亡くなった方の人となりを把握しておかなければなりません。
この方は、公務員でした。未亡人も公務員でした。

夫婦共々公務員ということは、普通に考えれば堅実な生活を
送っていると思いますよね。ましてや、子供がいなければ
それなりの資産もあるだろうと想像がつきます。

このケースだと申告が必要かもしれないと思いました。
以前であれば、申告の対象にならなかったであろうケースです。
基礎控除が今回の場合 3000万円+600万円×相続人の人数 6人
なので6600万円です。 非常に微妙です。

取りあえずこの日は、準確定申告に必要な書類を準備するようにお願いしました。
また、不動産に関する権利書等コピーをさせてもらい、不動産の評価証明を
取得するための私宛の委任状を書いてもらいました。

書類を持ち帰り、整理して
税理士・司法書士に相続手続きの依頼をしました。


                                                つづく




スポンサーサイト

テーマ : 不動産日記 - ジャンル : ブログ

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。