スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

相続について 3

応接のイスに座り会話がスタートしました。

私 「いつご主人が亡くなられましたか?」
夫人「○月○日です。ある程度覚悟していたとはいえ
   最後はあっさり逝ってしまいました。」
私 「何が原因でしたか?」
夫人「胃がんです。手術はうまくいったのですが、
   脳にも転移してしまって・ ・ ・ ・
   最後は眠るようでした。」

こんなやり取りから始まりました。
同席した妹や姪は話を聞いていてうなづくだけでした。

私が気になっていたのは、相続人でない人がいると
横やりが入ったりすることがあるので、ちょっと心配でした。
しかし、話をよく聞くと夫妻には子供がいないことが分かったのです。 

それならば夫人が同席を頼んだのも無理はないなと思いますよね。
自分だけでは心細いのはよく分かります。
一抹の不安は取り除けたのですが、逆に今度は別の不安が湧いてきたのです。

それは、相続人がどのような構成になるかということです。 
人数の問題やどの様な人か等、気になることが沢山出てきました。


                                              つづく


スポンサーサイト

テーマ : 不動産日記 - ジャンル : ブログ

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。