スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

借地権の承諾料等 4

今回は、借地権者が地主さんに承諾を得ずに建替え工事
始めてしまったことについて書きたいと思います。
私が実際に経験した事例です。

私が不動産の仕事に携わってから数年経った平成の最初の頃、

東京23区の北部に位置するとある区で1000坪まではいきませんが、
かなり大きな食品関連の木造の工場が何棟かある土地を所有している
地主さんから相談がありました。

  「 借地人が何の相談もなしに木造建物を壊して鉄筋コンクリートの
  建物を建築し始めている。 」  


と、慌てて来られました。 「 こんなことってあるんですか? 」 
って尋ねられました。 私は、 「 普通ありえません。 」 
当然このように答えますよね。

この時、既に工事は始まっていました。
なぜ工事が始まったのが分かったかというと、
この物件は、相続により3人の共有になっていました。

そのうちの一人が、たまたま近所を通りかかり発見したのです。
悪いことはできませんね。

つづきは次回 ・ ・ ・


スポンサーサイト

テーマ : 不動産日記 - ジャンル : ブログ

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。