スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

借地権の承諾料等

以前に借地権の更新料について書きましたが、
今回は、建物の建替え承諾料(増改築) について書きたいと思います。

一般的な話としては、現在建っている建物と同様のものを建てる場合は、
更地価格の3%前後 が目安となっています。
2階建ての個人住宅を取り壊して同じ規模のものを建てるという場合です。

一方、規模が大きくなったり、用途が変わったり (個人住宅からアパートに等)
という場合には、5%程度 になることもあります。

また、部分的な改築の場合には1%程度 でということもあります。
いずれにしても、地主さんと借地人さんとの話し合いで決まることですから
日頃からのスムーズなやり取りは大事です。

増改築というと建物に手を加えると全て増改築と思われるかもしれませんが、
単に、建物の保全や維持をする為の修繕 (補修) は増改築ではありません。

たとえば、雨漏りを防ぐための屋根の修理や壁の塗り替え等です。
借地契約の中で増改築禁止の条項は一般的ですが、
この条項が入っていたとしても、何ら問題ありません。

地主さんの承諾を得ないでもできます。
ただ、この場合でも、誤解の無いようあらかじめお話はしておいた方が良いですね。 
スムーズな関係を維持するためにも ・ ・ ・ ・


                                              つづく




スポンサーサイト

テーマ : 不動産日記 - ジャンル : ブログ

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。