スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地主に相続が発生した場合 5-3

相続財産の不動産の評価をどのようにするかについては、
色々な考え方があります。

路線価や公示価格を参考にしたり、時には時価でということもあります。
現金を分ける場合には、どれを基準にするかで価格が大きく変わります。 

現金を受け取る側は高い金額で、支払う側は低く、当たり前ですよね。
こういう場合の一般的な考え方や個別要因を考慮した場合の考え方等
をきちんと説明できる人(業者)を選んでくださいね。

困ったら是非ご相談を ・ ・ ・ ・ お待ちしております。  

相続する不動産が沢山ある人は、当然税金の支払いがあるでしょうから
土地は、路線価をベースに建物は固定資産税の評価額がベースに
なりますので心配はいりません。

従って、こういうことで揉めるのは、相続税の掛からない場合の方が 
圧倒的に多いんです。 

だからと言って、沢山あるから分けるのに揉めないということもないんですけどね。
沢山持っているのに(現金も不動産も)もっと欲しがる人はいますから。

相続財産を平等にという考えは良いのですが、
いざその時に、何も考えていない税理士や司法書士の言うとおりに
不動産を共有してはいけませんよ。


士業を生業としている人といえど、必ずしも適切な対応をしてくれるとは 
限りませんからね。  依頼者が言うとおりにすれば良いと思ってる
士業の人がいますからね。 

もちろん、親切丁寧に教えてくれる人も当然います。
誤解のないように ・ ・ ・


                                           つづく



スポンサーサイト

テーマ : 不動産日記 - ジャンル : ブログ

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。