スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地主に相続が発生した場合 5-2

地主さんというよりも、一般的な事例として前回述べましたが
不動産の共有は避けるべきです。 

特に相続財産が亡くなった人が住んでいた自宅だけの場合、
兄弟で共有するのではなく、特定の一人にして(同居していた人)
代償分割という方法  をとれば良いと思います。

これは、相続を受ける人が他の人に対して不動産の評価に見合う
金銭を支払うことを言います。

たとえば、土地と建物で3,000万円の価値だとすると、
仮に3人兄弟の場合単純にひとり1,000万円になりますよね。

これを土地建物を相続する人が2人に1,000万円ずつ支払うことにします。
このようにすれば、一応収まりますよね。

もし現金が相続財産で少しでもあれば、それにプラスして不動産を相続する人が
自分のお金を支払えば良いのです。

ただし、この不動産の評価によって大きく金額が変わってきますから
きちんと評価してくれる人(業者) に依頼した方が良いでしょう。

この不動産の評価によっても、揉める懸念があるからです。
困ったら是非ご相談を ・ ・ ・ ・ お待ちしております。  


                                              つづく




スポンサーサイト

テーマ : 不動産日記 - ジャンル : ブログ

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。