スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

住宅の賢い売り方(買い方) 2

昨日のつづきいきます。

最初に会った担当者が任せられる人だったら良いのですが、
はずれだったら、2 、3社 話を聞いてみて決めれば良いのです。

何も最初に話を聞いた業者に義理立てする必要はありません。
成約した場合には安くはない手数料を支払うわけですから ・ ・ ・
自分が納得できる会社にすれば良いのです。

最近は、電話だけでなくメールがあるので、何でもこれで済まそうとする
傾向にありますが、
不動産は連絡事項以外は基本面談です
お互いに顔を見ながら話をしなければ前に進みません。

顔を見ながら話しても中々まとまらないのに、電話やメールで
済まそうとする担当者はできない営業マンですから ・ ・ ・ ・
私なら ・ ・ ・  依頼しません。 はっきり言って、時間の無駄です。

依頼者 (売る場合でも、買う場合でも) も 同じようにいちいち面倒くさいと
思っても会って話してください。  人間関係も、より深まります。


メールと電話連絡だけでの成約はありえません。
不動産は、手間仕事です。 手間もかけずにお金が入ってくることはないのです。

長くこの仕事をしていると、手間の割に収入が少ないなぁ、と思うことや
また、逆に手間の割にもらい過ぎだな、というときはあります。
でも、楽して儲けようというのは虫が良すぎますよね。

                                              つづく




スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。