スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地主に相続が発生した場合

地主さんに相続が発生した場合は、借地人は特に行うことはありません。
地主さんの相続人からの連絡によりたとえば、地代の振込先の変更等の
指示を待っていればよいのです。

地主さんの集金や借地人の持参によって地代を支払っているのであれば
なにもかわりません。

借地人に相続が発生した場合と同様に借地契約の内容が変更になる訳でもないので
新たに契約書を取り交わす必要もないのです。

私のお客さんで、地主さんに相続が発生したにもかかわらず、相続人が決まらず
それまで持参して支払っていたのに、受け取りを拒否されるようになってしまったことが
ありました。 当然お客さんは困惑しますよね。

更新の時期と重なったこともあり、どうしたものかと相談され、

1. 更新料は支払う意思があることまた金額を提示して欲しいこと。

2. 地代を含め支払先を指示してほしい旨を書面で郵送しました。

その結果3回ほど書面でのやり取りがありましたが、不調に終わりました。


                                           つづく


スポンサーサイト

テーマ : 住宅・不動産 - ジャンル : ライフ

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。