スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

借地権の更新 4

借地権者に相続が発生した場合、まず地主さんへ通知します。
相続人は、遺産分割協議により特定されたら建物の登記と共に
新所有者になります。

ここで、よくある勘違いが所有者が変更になったから「更新料払ってください。
大丈夫です。払わなくて・・・・  借地権者の死亡によって、当然に借地権が
相続人に移転するのであって地主さんに承諾を得るべきものではないからです。

もちろん、相続人が借地権者の地位をそのまま引き継ぐだけですから
借地期間や地代等、借地契約の内容に何の変りもありません。
新たに契約書を取り交わす必要もありません。

ただし、お互いの確認ということであれば、覚書等で氏名の変更をすれば
何の問題もありません。

内容が変わらないからと言っても地主さんにはきちんと連絡はした方が
人間関係はスムーズにいきますよね



相続が発生しても更新ではありません。



                                           つづく




スポンサーサイト

テーマ : 住宅・不動産 - ジャンル : ライフ

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。