スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

借地権の更新

現在、借地権と言われているものは旧法がほとんどです。
ですから更新についても旧法のことについてになります。

普通建物(木造)で20年、堅固建物(鉄骨・鉄筋等)は30年
で更新の時期が来ます。

地主・借地人どちらからのアプローチにしろ、余裕をもって
期限の1年ぐらい前から話し合いを始めるのが良いと思います。
スムーズにいかない場合には、すぐに1年ぐらい経ってしまいますから。

更新に当たって、借地人は地主に対して更新料を支払うのが一般的です
なぜ一般的かというと、支払わなければいけないという法的な根拠が
ないからです。強制力はないのです。

借地人が更新料を支払わないからと言って地主が訴えを起こしても
地主は負けます。

当事者同士がこのような状況になると人間関係が壊れお互いにとって
良いことはひとつもありません。

金額はともかく、何がしかの金銭のやりとりがなければ
最悪、法定更新となってしまいます

借地人からすればとりあえず更新料を払わずにその場は済んだとしても
それ以降、何かあった時の地主の協力は期待できません。

どの様なことかというと、建て替えや増改築の際に
必ず仇を取られます。承諾をしてもらえないということです。

地主の代わりに裁判所が許可をしてくれますが、
実務的な手続きにおいて地主は拒否します。


その時になって初めて後悔することになります


                                      つづく






スポンサーサイト

テーマ : 住宅・不動産 - ジャンル : ライフ

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。