スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

住宅の賢い売り方(買い方) 14

だいぶ間が空いてしまいました。

つづきです。

私道の事を色々と書いてきましたが、できるなら
購入する場合には 公道 に面している方がいいですね。

道路の管理の面からも、私道は所有者が管理 しなければ
いけませんし、何か起きた場合には面倒です。
繰り返しになりますが、通行承諾や掘削承諾もしかりです。

特に水道は、従前に使用していた管が細いと建て替えに
伴って、建物の用途によっては、太いものに引き直さなければ
水圧が弱くなってしまいますから ・ ・ ・


公道であれば、道路から直接引き込めるので費用は
それほどかかりません。 私道の場合は、公道に接続している
ところまで引き直さなければならないことがよくあります。


長くなればなるほど工事費がかさみます。
私道に埋設されている水道管は基本的には私設管ですので
勝手に繋げることはできません。

ガスや下水は心配しなくても大丈夫です。
既存のものが使えるケースが多いですから。


私道に面している物件を検討される場合は注意が必要です。
その為にも、業者選びや担当者に対する信頼というものが
非常に大切ですね。


大金を払ったのに、「こんなはずじゃなかった」
ということのないように ・ ・ ・

次回からは経験してきたことや思っていることを
書いていくつもりです。


スポンサーサイト

テーマ : 住宅・不動産 - ジャンル : ライフ

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。