スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

住宅の賢い売り方(買い方) 10

あの夏の暑さはどこへ行ってしまったのでしょうか。
今日も涼しい一日でした。

つづきいきます。

前回、水道管の越境のことを書きましたが
下水道やガスの越境ももちろんあります。その中で
一番多いのが水道だということです。

塀等があってもなくても、住宅密集地や昔一帯を地主さんが
所有していたような所にはよくあります。


合意書や承諾書で当事者同士、またその物件を購入しようと
している人が了解していればよいのですが、なかなかそうはいきません。
揉める材料がある物件を買おうという人はいませんからね。

古屋付で取り壊して建て替える場合は、書面を取り交わしておけば
建て替えの際には越境が解消されますから、
心配はないのですが ・ ・ ・ ・

中古家屋をそのまま使う場合は、いつ越境が解消されるかわかりませんので
売主が費用負担して越境状態を解消せざるを得ません。 

水道は引き直す場合、距離にもよりますが100万円単位の費用が
かかることもあります。


このように越境の問題は、結構大変なのです。
今まで良好なお隣さんとの関係が一瞬にして嫌悪な関係に
なってしまうことが、間々あります。

目で見える部分は、まだ良いのですが、地中の埋設管については
依頼した不動産業者が手際よく調査して知らせてくれないと
売主も買主も後々困りますよね。

売主も買主も契約間際に分かったって ・ ・ ・ 
こういうことで契約が流れることってあるんです。
仲介業者の責任です。 

それまで使った労力と時間が無駄になってしまいます。
1 で述べたように都合の悪いことは先に伝えないと ・ ・ ・

昔ほどではないにしろ、いるんです。 こういう業者。
というより担当者かも ・ ・ ・ 

次回は私道について書いてみたいと思います。

                                   つづく



スポンサーサイト

テーマ : 住宅・不動産 - ジャンル : ライフ

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。